留学は他側面からの視点を切り開く

一般に留学というと海外へ行ってその国の言語を学んでくると考えがちですが、実は違う側面もあります。


確かに現地の言葉を使えるようになったり、またその国の文化に触れることで異文化の理解がより深くなる、ということはあります。

最近話題の医学部受験の情報ならこちらにお任せ下さい。

逆に言うと、自国の文化がどのようなものを客観的に見ることができるようになるのです。

海外に出なかった場合には見ることのできない、当たり前だと思っていることが実は当たり前ではない、ということが認識できるようになります。
例えば物価にしても、日本は高いとよく言われますが他国へ行くと自国のほうが安いということが分かったり、またサービスにしても日本の店員はよく気が利く、ということがつぶさに分かります。


留学の情報を見つけよう。

こういったことは旅行でも経験できるかもしれませんが、留学のようにある一定期間外国で勉強して実際に生活しなければわからないところの方が多いです。



留学の場合は旅行よりも期間が圧倒的に長いため、こういった旅行では気づけない部分にも気づかせてくれるのです。


美術の専門学校の特徴を紹介するサイトです。

そうなると自国の文化が、留学先の国に比べてどうなのか、ということが見えてきます。

東京のデザイン専門学校の情報を得られます。

それまでは決して持つことのなかった視点から自国を捉えるようになっていくのです。視点が変わると、ほかのものに対しても視点を変えようとしてみる姿勢が出てきます。

つまり留学というのは言語の勉強だけではないのです。
改めて自国文化の良いところ、そして改善した方がいいところ、などが認識できる過程なのです。

http://www.sun-inet.or.jp/~canon-ms/
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114675481
http://www.reisai.com/